生活者として、解像度を上げる。

2021年 06月30日 カテゴリー:考えてること


20210630140414.jpg

こんにちは。やまもとです。

Flavorでは、東京・京都店の合同ミーティングを
月1回のペースで開催しています。

その際に出た話題で「新人スタッフが、入社当初は
なかなかお客様にお買い上げいただけなかったのが、
最近は高い売上を作れる様になってきている」という
ものがありました。

高い売り上げを作れるようになった背景には、もち
ろん、販売している商品にも詳しくなってきている
でしょうし、接客するのにも慣れてきて、上手に
販売できるようになったこともあるでしょう。

ただ、話を聞いていくと、それが主な原因ではない
ことに気づき、その時にそのスタッフに伝えました。

「お客様に信頼いただけることが多くなってきたと
 いうことは、生活での解像度が上がってきたんだね。」

僕が表現する生活の解像度。つまりは、こういう事です。

------------------------------

リセノを訪れてくださるお客様は、30代前半くらい
のカップルや、ご夫婦がとても多いです。

これから一緒に暮らし始めるタイミングだったり、
家を建てるタイミングだったりで、新しく引っ越し
をする際に、せっかくだから良い家具を使いたいと
いう方々が多いのでしょう。

そんなタイミングですから、雑誌やSNSなどを通じて
お客様はたくさんの部屋を見たり、家具屋さんを訪れ
たりと「新しい生活を楽しみたい」と真剣に考えて
いらっしゃいます。

そのひとつとして、リセノに出会っていただき、
ご来店いただいているわけです。

そして「ソファを探してるんです」という感じで、
スタッフとの会話が始まります。

この時に、スタッフから

「このソファの幅は〇〇cmで、3人座れます。」
「素材は〇〇で、長く使えます。」
「トレンド感があります。」

といった様な一般的なお話だけでは、新しい転機を
向かえて、懸命に家具を探してらっしゃるお客様に
とっては、物足りないかなと思っています。

もちろんこのあたりのお話も欠かしてはいけないの
ですが、お客様にとっては、もう一歩進んで、

「普段の生活は、どんな感じですか?」
「平日と、休日の過ごし方に違いはありますか?」
「将来的には、お引越しもあり得ますか?」

といった様なご質問をして「お客様の生活」に基づ
いて、お客様自身が叶えたい生活や、満足する方向
を紐解き、お客様自身も気づていない「不」を解消
することが大事だと思います。

「不を見つけて、解消できる提案」とは、自分自身
が「ソファーで生活の不を解消した経験」がなけれ
ば、本当の意味での「不」を解消するようなお話は、
できません。

たとえば「AGRAソファ」についてなら「あぐらを
かけるくらい奥行きが深くて、フェザーでふっくら。
とっても気持ちいいソファです。」とは言えるので
すが、知識だけでは、それ以上の提案はできません。

実際に自宅で使ってみると、

「クッションが5つあるのが本当に快適で、油断すると毎日寝落ちしちゃう。」
「背が低いから、ダイニングとひと続きの感じがあって、食後も家族で会話が続く。」
「うちの猫が、実は一番気に入っているのが、癒しです。」
「実は、休日の読書が進む。」

みたいなことが、実体験としてわかってきます。

そうすると、よりリアルな説得力で「生活が良くなる
イメージ」をお話することができ、お客様が求めてい
る「不」の解消を、自身の経験を参照しながら、
解決できる確率が高まるわけです。

つまり「体験」は重要です。

そして「体験」と同じレベルで大切なのが「解像度」です。

ここで言う解像度とは「意識し、考え、認知する」
ということを指しています。

例えば、ソファーに対しての解像度を上げるという
のは、ソファーを実生活で使っていくなかで、そこに
お気に入りのソファーがあるということを意識して
暮らし、そのソファーをお部屋のどこに設置して、
どの時間に座るのが気持ちよく過ごせるかを考え、
実践し、そして、それを自分の中で認知する。

その一連の活動です。

解像度を高く生活することで「ソファーとは、生活
のどんな不を解消して、素敵な時間をもたらしてく
れるのか」を理解することができます。

なんとなく使うのではなく「解像度をあげて使う」
ことで、はじめてソファの良い部分と、悪い部分が
見えてくるのです。

美味しい食べ物も、テレビを見ながら食べたら、
美味しいかどうかわからなかったりしますよね。
それと同じです。

お客様に家具を勧める立場である「プロ」になる為
には、生活者としても、ひとつ高い解像度をもって
暮らすことが重要なのです。

家具以外の生活アイテムでも、同様です。

例えば「お箸」や「お皿」をひとつとっても違います。

コンビニで買ってきたお惣菜なんかでも、コンビニ
の割りばしや、パックのままで食べるよりも、ちゃん
としたお箸や、お皿に盛りなおして食べると、
びっくりするくらい味が違ったりします。

もちろん、味が変わったわけではないのですが、
口当たりも違いますし、丁寧に盛り付けることで、
「少しでもちゃんと食べよう」という気持ちが生ま
れることによって、よりしっかりと味わう気持ちで
食べるので、主観的に美味しく感じるわけです。

生活のなかで、いろんな部分に解像度を上げて認知
した経験値を蓄えることで、お客様が見えていない
「不」の解消に気付く能力がついてくるのです。

-----------------------------------------

さて、そんなことで店舗スタッフとの何気ない会話
から端を発した「解像度」のお話ですが、さらっと
まとめましょう。

「生活の解像度」とは?

お客様に満足いただけるご案内のためには
お客様の生活を紐解き「不」を解消する必要がある。

    ↓

そのためには「実体験」による説得力が大事

    ↓

実体験による説得力を得る為には「解像度」を高めて
多くの気づきを得ることが大事

と、こんな感じです。

「実体験 × 解像度 = 経験値 → プロフェッショナル」

という感じでしょうか。

もちろん販売しているすべての家具を自宅に置く
スペースはないわけで、もちろん金銭面でも難しい
でしょう。

ただ、一定量を解像度高く経験値を高めていくことで
「蓄えた経験値からの推察力」が身に付きます。

僕自身もそうですが、いくつかのソファーを使って
生活してきた中で、それぞれの良い点・悪い点を
よく理解しています。

そうすることで、新たなソファーを見た時に

「このソファーの形は、こんな良い点・悪い点があるな。」
「ということは、こういう生活の人にお勧めだな。」
「こんな風な提案が、きっと響くな。」
「逆にこんな人には、勧めると活かしきれないな。」

ということが、分かるようになってきます。

インテリアの販売スタッフは、年齢を重ねるにつれて
貴重な人材になっていくと僕は考えているのですが、
その勘所はこの点です。

例えば、アパレルの販売スタッフは、感度とスピードがとても大事です。

トレンド情報をいち早く情報をキャッチして、自分も
身に着けて、その格好でお客様にご紹介する。

つまりは、お客様と同年代のほうが、リアルであり、
見ているSNSや似合う服も近く、「同年代」という
のは、非常に強い武器なわけです。

それに比べて、インテリアは「経験値の積み重ね」
がものを言います。

同年代の人の等身大の暮らしよりも、すでに家を建て
ていたり、おしゃれに生活していたりといった
「豊かに暮らしている先輩」のアドバイスの方が、
情報として非常に強いわけです。

だから、アパレルの販売スタッフと比べて、
インテリアの販売スタッフは、長く働けますし、
年を重ねるほどにより活躍していくと考えています。

まさに一生物のスキルを積み重ねていくイメージです。

----------------------------------

最初の話題に戻りましょう。

新人スタッフが、入社当初はなかなかお客様に
お買い上げいただけなかったのが、最近は高い売上を
作れる様になってきています。

僕はこのスタッフが発信している情報や言葉から、
自分の日々の暮らしを、解像度高く過ごしている
ように見えました。

だからこそ、お客様はこのスタッフを信頼し、
いつも相談しに来店してくださる。

そんな関係になることで、高い売り上げを作れる
ようになったのだと感じたのです。

「生活者として、解像度を上げる。」ためには、
好きなインテリアを買うためのお金も必要ですし、
仕事でインテリアのことを考えるとともに、日々の
プライベートタイムでも、インテリアのことを考え
つづけないといけません。

つまり、好きじゃないと、なかなか続きません。

ただ、好きであれば、それはまったく苦でもなく、
楽しいことになるのです。

好きこそものの上手なれ は、このことですね。
2014年に書いたこの記事でも書いています。

「努力は夢中に勝てない」

月1回の会議でのふとした会話。

インテリアが好きで、生活を楽しんでいるスタッフ
を見て、生活者としての解像度の高さが垣間見えて、
僕は、とても嬉しくなりました。

好みのソファで、テレビを見る。
思い出のテーブルで、本を読む。
新しいシーツのベッドで横になる。
好きなお皿で、食事を楽しむ。

どれもささやかだけれど、幸せな瞬間です。

こんな幸せな瞬間のお手伝いをできる仕事に従事
できていることを、僕はとても幸せに思っています。

さらに幸せのお手伝いができるように、僕自身も
生活者として、高い解像度を持ち続けようと思いまう。


<考えてること>の記事一覧

2021年 06月30日

20210630140414.jpg

こんにちは。やまもとです。 Flavorでは、東京・京都店の合同ミーティングを月1回のペースで開催しています。 その際に出た話題で「新人スタ...


2021年 03月23日

20210322200844.jpg

こんにちは。やまもとです。 最近読んだ本「GIVE &TAKE」がとても良かったので、この本をもとに考えたことを書き留めておこうと思います。...


2021年 02月18日

20210218133834.jpg

こんにちは。やまもとです。 このブログを読んでいただいているみなさんは、仕事を楽しんでますか? 今月のブログは、若い人から中堅の人まで、仕事...


2021年 01月20日

20210120111801.jpg

こんにちは。やまもとです。 みなさんは、カスタマーサポートという仕事をご存知でしょうか? ヘッドセットを付けたスタッフが、パソコンに向かって...


2020年 12月31日

20201223115144.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のテーマは「小売りとメディアのリソース比率を変える」です。 僕たちは、家具をたくさん売るだけのお店を目指して...


2020年 11月30日

20201119174850.jpg

こんにちは。やまもとです。 今、リセノでは「インテリアの教科書」になる様なメディアを作ろうとしています。 「インテリア」という分野は、とても...


2020年 10月31日

20201015181537.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは「マイナスな退職のない会社」実現に向けての決意表明です。 うちの会社でも例にもれず、一定の割合で退...


2020年 08月31日

20200825103957.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のテーマは「カスタマーサクセス」です。 この言葉は、近年、Saas(Software as a Servic...


2020年 07月31日

20200727160850.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のテーマは、働き方についてです。 新型コロナウィルスの影響によって、リモートワークを初めて経験した企業は多く...


2020年 05月31日

20200528101914.jpg

こんにちは。やまもとです。 5月中旬に、ECでの展開商品を大幅に削減しました。 まだ実行余地は多くありますが、それでも現時点で全体の1/3の...


2020年 04月30日

20200416130853.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、家具小売りにおけるオンラインとオフライン(リアル店舗)の関係性について、私見を整理していこうと思...


2020年 03月31日

20200324142959.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、社内スタッフから「THE TEAM」という良い本があると聞き、読んでみました。 この本は、チームビルディン...


2020年 02月28日

20200228193111.jpg

「経営とは矛盾の追求である。」 いきなりバシーッと言い切っていて、どこかの偉人の言葉に聞こえるが、なんてことのない僕がいまさっき整えて書いた...


2019年 12月18日

20191218165037.jpg

こんにちは。やまもとです。 2019年最後の12月は、最終日ではなくすこし早めの投稿にしています。 今回は、Flavorで新たにはじまった「...


2019年 11月30日

20191129183035.jpg

2019年ももうすぐ12月。 昨年は最後の月に目標を投稿したのですが、来月はちょっと書きたいことがあるので、ひと月早いですが2020年の個人...


2019年 07月31日

20190802102403.png

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは苦言です。 リセノは業界内人気がとても高く、取引先さんに聞いても、いろんな小売店との商談時に名前が...


2019年 06月30日

20190627114319.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のテーマは、品質改善についてです。 お客様に購入いただいてお届けする家具たちですが、大変申し訳ない話ですが、...


2019年 05月31日

20190603164310.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のお題は、ECの撮影って大変だけど、楽しいし、さらによく出来そうだよねっていうお話です。 ECの商品撮影にま...


2019年 04月26日

20190426125307.jpg

こんにちは。やまもとです。 明日からGWで、今年は10連休ですね。とっても長い休みは僕の会社も一緒です。 10日間で思いっきりリフレッシュを...


2019年 01月31日

20190131194403.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、オンラインセレクトショップの近未来について考えていることです。 家具・インテリア業界のオンライン...


2018年 12月31日

20190104175206.jpg

2018年最後の投稿ということで、2019年の個人的な目標をブログに残しておこうと思います。 1.継続的な読書 1つ目の目標は、継続的な読書...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...