ネットショップの進むべき道

2013年 03月27日 カテゴリー:リセノ考えてること


今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。

現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。
インテリアショップだけでも、楽天市場で調べたところ、11,818店舗(2013年3月28日現在)あります。
これだけのショップ数になると、「このお店に行かないと買えない!」っていうアイテムって少なくなっていて、ある店舗で見つけた「おっ!かわいい!欲しい!」というアイテムでも、一呼吸置いて、ネットで検索すれば、山のように取り扱っている店舗が検索結果に出てくるというのは、当たり前のことになりました。

こんなネットショップがあふれる状況において、「ネットショップの進むべき道」ってどこなんでしょう?
そんな考察を書いていきます。

みんなのネットスキルが上がっていくと・・・

現在34歳の僕が小さいころには、ネットに触れる機会はほとんどありませんでした。
20代前半くらいにようやくADSLとかが普及し始めたことにより、インターネットが一気に広がり、若い子やビジネスマンを中心に利用者が急増しました。

では、それから約10年ほど経った、今の状況はどうでしょう?

僕の姪っ子ちゃん(9歳)なんかは、うちに遊びに来るなり、僕のMacBook Airを開いて、YouTubeで動画を見ています。
自分でパソコンを開いて、キーボードで文字を打ち込んで、お気に入りの「アイカツ」っていうゲームの動画を次々に見ていきます。
つまりは、パソコンに対するリテラシーがどんどんと上がってきていて、小さな子供にも当たり前のツールになりました。
僕の姪っ子ちゃんが大人になるころには、検索で「安くて、良いものを扱っているお店を探す」なんて、算数の掛け算よりも誰もが持っているスキルになるのでしょう。

そんなネットスキルが上がった(さらにこれから上がっていく)社会において、ネットショップの進むべき道はどこなのでしょうか。

20130329-uri.gif

同じ商品を取り扱い、メーカーさんから提供されたカタログ画像を使い、同じようなショップが立ち並ぶ。
違うのは、価格が安いか、それともポイントが付いているのか、それともオマケが付いてくるのか。
こんなことが、お店のウリになりはじめている時代です。
ショップ側としては、本来の利益が取れず、充実した商品提案、CS(顧客満足)、ES(従業員満足)なんて、遠い夢となってしまいます。

また、こういう価格競争になっていくと、必然として資本が潤沢な大手が勝ち残りますので、僕が会社を立ち上げたころの様な「小さい会社でも、商売をはじめられる!」ということも無くなってしまうかもしれません。

今でもそれらの「価格競争時代」はすでに始まっているので、これがさらに過熱していくことは言うまでもありません。

では、どのように他店舗と差別化をするのか。

そんな誰もが簡単に商品や価格を比較できる時代において、僕たちネット事業者が進むべき道は、どこでしょうか。

僕が明確に持っている答えは、「いかにショップが自分たちの色を出せるか」だと思います。

同じ商品を売っていても、このショップは、一味違う。
このショップで買いたい。このショップで買うことが、付加価値となる。
このショップをわざわざ訪れたい。

こんな風にお客様に思ってもらえるようなショップにならなくてはなりません。
価格やポイントなどとは違うポイントで、自分たちなりの良さを提供するのです。

では、自分たちなりの色って、どうやって出せばいいのでしょう?

スタッフ一人一人のこだわりが、ファンを作る。

Webの場合、自分たちのショップの色として分かりやすいのが、「画像と文章の差別化」です。

リアルショップであれば、食器を棚に陳列してあるだけですが、ネットショップは違います。
1つの食器をどのように使うのかという提案ができます。
これは商品の良さを伝えられるのは、リアル?EC?でも書いた通りです。

例えば、先日当店のFacebookにあげた、この写真。
ただのコンビニそばですが、北欧食器に盛り付けることで、すごく美味しそうに見えます。

soba.jpg
北欧食器とコンビニそば

その他、こんなのもあります。

taika.jpg
北欧食器と焼きソラマメ

20130329-rotta1.png
ソファーをヴィンテージコーディネート

これらの画像は、僕を含めて、スタッフが思い思いに、休日や自宅などで撮ってきた写真です。

こんな風に、自分たちの取り扱っている商品を実際に楽しみ、使い、良さを知る。
その使い方をお客様に紹介し、文章や画像にまでこだわって、良さを提案する。
これって、本当に当たり前のことなんですが、Webの世界ではなかなかここまでこだわるお店は多くありません。
リセノでも、商品を心から楽しみ、画像や文章にまで落とし込めるようになってきたのは、ここ最近のことです。

こんな風に、スタッフが思う「こだわり」が画像や文章にまでにじみ出る様になってこそ、お客様は「価格も安くないけど、このお店が好きだから、このお店で買おう」となってくださるのだと思います。

この「アイテムに対する「こだわり」こそがブランド」であり、自分たちの色になると思います。
こんな風にこだわりのあるショップには、こだわりのあるお客様が集まってくれます。

同じ商品を売っていても、このショップは、一味違う。
このショップで買いたい。このショップで買うことが、付加価値となる。
このショップをわざわざ訪れたい。

これこそが、価格やポイントやオマケだけでお客様を満足させない、本当の意味でのお客様への価値の提供です。

そして、ネットショップにおいて、アイテムに付随する「画像」と「文章」で、お客様に提案する。お客様を魅了する。
これを続けていくことそこが、いわゆる「ブランド」に近づいていくことだと思います。
ショップがブランド化していけば、価格やポイントやおまけなどに左右されない様になります。

こだわりを持つショップには、もう1つの嬉しい利点が。

さらに画像や文章にこだわって、お客様に付加価値を提供しようとするネットショップには、嬉しい利点がもう1つ生まれます。
それは、メーカー様からの信頼を得られるということです。

20130329-shoptomaker.jpg

メーカー様は、自分たちの作ったアイテムを、小売店さんにたくさん売ってもらって利益を出します。
当然、1つでも多く売ってくれるショップは、得意先となり、営業さんも足しげく通ってくださいます。
ショップも重宝されます。

ただ、1つでも多く売ることがすべてではないメーカー様もいらっしゃいます。

自分たちが心を込めて作った商品が、価格の安い店舗だけで売れていく。
本来の価値を下回った状態で販売されていく。
これは、メーカー様にとっても、気持ちのいいものではありません。
せっかくのブランド価値が下がってしまいます。
メーカー様も、自分たちのアイテムに誇りを持って小売店に卸しているので、安売りしたくはないのです。

その点、こだわりを持つショップは、そのメーカー様がアイテムに込めた思いをお客様に伝えます。

「この商品の良さは、ここです。」
「こういう使い方もできます。」
「こんなコーディネートは、いかがですか?」

これを画像や、文章でスタッフが自分なりに思いを込めて、紹介するのです。

この様に、商品の良さを伝えた販売方法を取るショップに対して、メーカー様は徐々に信頼を寄せてくれるようになります。
このショップに置いて、販売する際に、一定の安心感が生まれるのです。

こんな風に信頼のあるショップは、メーカー様との付き合いも深くなり、独自のプロダクト生産や、販売店舗を限定したアイテムを卸してもらったりできます。
メーカー様とショップの好循環が生まれ、お客様にとって、そのショップはさらなる大好きなショップになっていくのです。

結論:ネットショップの進むべき道

というわけで、こだわりが生み出す、ショップの価値について、書いてきました。
他の店舗とは違う、独自のカラー = ブランド感。
結局は、ブランディングの話になっていきますが、「手軽には手に入らない、こだわりの集大成」 = 「ブランド」なのです。

ネットショップの進むべき道は、ブランド化であり、そのブランドを作るのは、スタッフや中の人のこだわりである。

こう強く断言して、記事をしめたいと思います。


<考えてること>の記事一覧

2019年 07月31日

20190802102403.png

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは苦言です。 リセノは業界内人気がとても高く、取引先さんに聞いても、いろんな小売店との商談時に名前が...


2019年 06月30日

20190627114319.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のテーマは、品質改善についてです。 お客様に購入いただいてお届けする家具たちですが、大変申し訳ない話ですが、...


2019年 05月31日

20190603164310.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のお題は、ECの撮影って大変だけど、楽しいし、さらによく出来そうだよねっていうお話です。 ECの商品撮影にま...


2019年 04月26日

20190426125307.jpg

こんにちは。やまもとです。 明日からGWで、今年は10連休ですね。とっても長い休みは僕の会社も一緒です。 10日間で思いっきりリフレッシュを...


2019年 01月31日

20190131194403.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、オンラインセレクトショップの近未来について考えていることです。 家具・インテリア業界のオンライン...


2018年 12月31日

20190104175206.jpg

2018年最後の投稿ということで、2019年の個人的な目標をブログに残しておこうと思います。 1.継続的な読書 1つ目の目標は、継続的な読書...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...