ハンドルをほんの少しだけ切り続ける。

2017年 12月26日 カテゴリー:リセノ考えてること


今月は、ブランドの方向性について、考えている
ことを備忘録的に。

モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。

たとえば、価格。

安いは「お得」というメリットの視点もあれば、
「安っぽい」というデメリットの視点もあります。

高いなら「高級感」というメリットの視点と、
「高すぎ」「価値に合わない」という視点があります。

人なら「美人は素敵 ⇔ 美人は飽きる」ですし、
性格なら「真面目で勤勉 ⇔ 面白みがない」です。

無垢材家具なら
「丈夫・経年変化 ⇔ 重い・変えづらい」ですし、
プリント家具なら
「無垢家具と遜色がない ⇔ 安っぽい」でしょう。

モノゴトは、性質が変わらなくとも、常に良い点と
悪い点を内包し、どちらを見るかによって相反する
性質を見つけることができます。

相反する視点があるモノゴトについて、自分が
どちらが見えるかは、人の感性により変わりますし、
また同じ人でも、その時々の心境や環境によって、
逆の視点に立つこともあるでしょう。

どんなことがあっても視点がぶれない人は、
いわゆる「こだわり」がある人であり、「頑固」な
人でもあります。これさえも相反視点ですね。

-------------------------------

経営するということにおいても、歴が長くなるほど
相反視点に対して、どういうスタンスを保てるかが
強く影響してくると思います。

「あのブランド、イケてるよね!」と言われる様な
一本スジの通ったブランドを作っている会社は、
こだわりが強くあり、自らの道を貫いている会社です。

スタンスを持っていて、強いアイデンティティのある
相反視点に対してぶれない会社と思います。

個人的にそんな会社やブランドに憧れを強く持って
いますが、相反視点をぶれさずにブランドを牽引する
というのは、並大抵のことではないと思います。

なぜなら、市場は常に変化しており、ユーザーが
反応する興味や購買意欲も大きな流れに委ねられる
ため、経営者としては、その大きな流れにある程度
沿っていこうとする考えが働くからです。

また、僕のように比較的若くして経営者になると、
気力も体力も十分にあり、満たしたい自尊心も大きい
ため、どうしても会社を強く、大きくと考える力も
働くとも思います。

ぼくたちの会社も、一時期はより高い売上を求め、
商品の取り扱い点数を拡大し、前年売上を越えること
を目標にしていた時期が長くありました。

会社を興したころには、月商200万、社員は10人以上
にしたくないねと話したりしていましたが、
いつの間にやら、あっという間にそんな思いはどこか
に消えて、拡大路線を突き進んでいました。

相反視点も常にゆらゆらと両側に揺れぶれながら、
こっちが素敵なのか、あっちが素敵なのか、
どうすればもっと売れる様になるのかを考え、
大きな戦いの中を全力で走っていました。

-------------------------------

そして、2017年末の今。

現時点での思いは、売上の拡張をしても、その先は
常に戦いの繰り返しなのではないかということです。

どれほど売上を拡大しても、結局はステージごとに
ライバルが現れ、ボリュームの維持に追われます。

常に変わる市場に沿いながら、大きく膨らんだ母体を
維持する為に、さらに高い売上を求める。
ライバルとしのぎをけずり、さらに戦いつづける。

これが延々と続くと、いつしか体力も気力も、
感性も途絶えたころに、ブランドは存亡の危機を
迎えるのではないかと思います。

自分が全力で頑張った、かつて勤めたブランドも
隆盛の後に、多くのスタッフの行き場を奪って、
消滅してしまいました。

つまり、売上の拡大は、経営の成功ではないの
ではと考えるに至りました。

売上の拡大ではなく、今向かうべき道は、
何年経っても色あせないニッチな場所。

誰もが考えるショップとしての売上拡大を第一義と
せず、他がやっていない方向に進んでいく。

10年間に相反視点をゆらゆらと迷い続けながら、
たくさんの経験を経て、ようやく少しだけ気づく
ことができました。

そこで、今は少しだけ、ほんの1度の角度だけ
ハンドルを切っています。

ほんの1度だけ左に切ったハンドルは、5年もすれば、
いままでの景色とは、大きく違う場所にたどり着くの
ではと考えています。

こだわりのあるブランドは、相反視点をぶらさずに
進んできたと前述しましたが、本当のところ、実は
僕はそんなことはまったく思っていません。

そんなブランドこそ常に1度のハンドルを切り続け、
すこしずつ、すこしずつ進む先を調整しながら、
ニッチで強固な立ち位置にたどり着き、圧倒的な
ブランドに成長したのだと思います。

僕たちもそこを目指して、ハンドルを少しだけ
真っ直ぐから動かせた1年でした。

来年も頑張っていこうと思います。
では、良いお年を。また来年に。


<考えてること>の記事一覧

2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...