"普遍性"を求めないという"こだわり"

2016年 04月20日 カテゴリー:考えてること


朝の出勤ルート。

いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。

最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、
毎朝、同じ時間に同じ道を通ることに飽きて、今は
大宮の駅で降りて、歩いて通勤している。

最近は、そんな大宮から歩くことにも飽きて、
たまにもうひとつ前の西院で降りてみたり、
大宮で降りた後、ちょっと違う道を通って出勤したりする。

あったかくなれば自転車で会社まで通う。
片道30分。気持ちがいいし、健康にもいい。

たまにはさらに気分を変えて車で出勤するのもいいし
夏前にはバイクに乗れば気持ちがいい。

つまりは、僕は同じことを、同じようにシンプルに
行うことが苦手だ。
苦手というか、楽しくない。

同じようなコトでもちょっと変えて、ちょっと工夫
して、ちょっと違うようにしたい。

ただ職場に向かう道だけど、ただなんとなく、
ずーっと同じ道は好きじゃない。

----------------------------------------------

ずっと同じものを、好きでい続けられる人がいる。

例えば、服や家具や音楽。
一度好きになったスタイルを、ずーっと愛しつづける。

服ならひとつのブランドのシャツを買い続けるし、
家具なら無垢材の家具を、手入れしながら使っていく。

時が経ってボロボロになったり、時代遅れになった
としても、その使いづらささえも愛せる。

新製品が出ても揺さぶられず、今使っているものが
使いづらいところが、かわいいと言う。

こんな普遍的にひとつの事柄を好きで居続けられる人
のことを、僕はとても尊敬している。

なぜそこまで好きなのか、他のものではどうしてダメ
なのかの理由を聞きたいし、その好きの奥深さを教えてほしい。

----------------------------------------------

また、こだわらないについての自分の性質と言えば、
僕は起こってしまった事態を、割と後悔しない。

正確に言うと、とっても後悔するし、それが人に起因
することならば、愚痴もたくさん言ってしまう。

だけれど、いつまでもくよくよと執着しないし、
いつまでも愚痴だけをのたまうようなことはしない。

後悔したり、仲間内で愚痴だけを言い続けるだけでは
事態は好転しないし、何も変わらないと知っているからだ。

そんなことを続けていたって、居心地の悪い事態や
場所から離れるしか、逃げ道はない。

だから、僕は一通り愚痴を吐き出した後は、もうすで
に問題の解決に向けて、一歩を踏み出している。

そう。
ひとつのコトに、うじうじといつまでも執着しない。
こだわらないのだ。

----------------------------------------------

まぁ、ここまでわーっと書いてみたが、よくよく
「俺って、こだわりのないヤツだな」と思う。

言ってもみんなから憧れをもたれなければならない
商売をしているのに、"違いの分かる""こだわり"の
ある人が愛される時代には、とってもそぐわない気がしてくる。

前述の通り、ずっと変わらずひとつのブランド
を着ている人や、スタイルを変えない家具ブランド
には、とても劣等感がある。

普遍には、継続の魅力が漂い、強い意思を感じるからだ。

でも、そんなことを言いながらも、ふと
「こだわらない」ということは、逆に言うと、
先にチャレンジできる力があるということでは?
とか、勝手に考えてもいる。

なぜなら、自分の知識はまだぜんぜん途中で、
ひとつの「好き」の分野で、知らないことだらけ。

きっとその分野では、まだ知らないだけで、知ると、
今のものよりも、もっと好きになる可能性があるもの
がたくさんあると思っている。

ひとつの分野を究めるのは、とても時間がかかるし、
例え、どこかの時点で「究めた!」と感じたとしても
その時点では世の中に生み出されていない、新しい
ものが、また次々に新たに生み出されると思う。

「好き」と断言できる分野ほど、もっともっと興味が
沸くから、ひとつのモノやスタイルを、変わりなく
使い続けることは、僕にとっては代わり映えがなく、
工夫の余地がなく、気持ち的に継続が困難になる。

そういった意味では、「好き」の分野において、
常に「もっと良いなにか」を探せる僕の性質は、
使い続ける人よりも、ある意味こだわりのある男
なのかもしれない。

と、反論がたくさん出そうなゆるーい自画自賛で、
今回は締めくくろうと思う(笑)

まぁ、こだわらない性格だから、次回の機会には、
またぜんぜん違う見解が浮かんでるかもしれないけれど。

とにかくも、周りにひとつを愛し続ける人たちは
意外とたくさんいるので、そんな人たちの話を聞き、
自分が持っているスタイルについて、これからも
考察をしていこうと思う。


<考えてること>の記事一覧

2019年 01月31日

20190131194403.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、オンラインセレクトショップの近未来について考えていることです。 家具・インテリア業界のオンライン...


2018年 12月31日

20190104175206.jpg

2018年最後の投稿ということで、2019年の個人的な目標をブログに残しておこうと思います。 1.継続的な読書 1つ目の目標は、継続的な読書...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...