「背中を見せる」ということ。

2015年 07月31日 カテゴリー:考えてること


ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。

「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、
自らが行動で示す」という意味だ。

よくこの言葉を使う様になった理由のひとつには、
うちの会社も総勢30名を越し、自分の行動で多くの
人間に影響が及ぶようになったからもある。

でももっと大きな理由は、中間管理職といわれる
30代前半のスタッフが、社歴4年を超える様になり
アルバイトをはじめとしたスタッフを、率いる様になったからだ。

僕は常日頃から、責任あるポジションにあるスタッ
フには、「部下には、背中を見せろ」と言ってきた。

僕自身、口で言ってるだけのヤツほど信用ならない
ものはないと思ってるし、自ら損をしてでも
行動する人を、尊敬しているからだ。

-----------

思い返せば、僕の学生時代は周りに言わせると
とっても無気力で、
「お前は何に対してもやる気がないな。」
と、言われることもしばしば。

僕としてはそんなつもりはなかったし、それなりに
一生懸命生きていたつもりだったが、よく近くに
いる友人から見れば、授業はあんまり聞かないし、
バイトしては呑んでばっかりいるし、とにかく
チャラチャラと遊んでいるイメージが、強かったんだろう。

まぁ、たしかに自分で思い返しても、典型的な
大学生だった。

その後、大学を卒業して、新卒で入った会社でも
学生気分が抜けずに上司を怒らせ、「殺すぞ」や、
「本当に使えない」など、数々こっぴどく怒られたりもした。

この頃も、自分的には一生懸命働いていたものの、
間違いなく生意気で、挨拶もきちんとできず、
ご飯のお礼もちゃんと言えない、ダメな社員だったと思う。

そんな典型的な新卒社員であった僕だけど、
転機はおそらく、熊本への転勤。

そこで僕は、自分の知らない事を、たくさん知って
いる、尊敬できる店長に出会った。

その人は6歳くらい年上だったが、雑貨が好きで、
人が好きで、仕事に対してまじめな人だった。

その人に出会い、たくさん呑みにも連れていって
もらった中で、雑貨とは、仕事とは、お店とは、
マネジメントとは、といろんな話を聞かせてもらった。

今でも親しい人間には、「僕の師匠」という名前で
度々呑み会の席でエピソードを披露しているほど、
今でも尊敬しているし、感謝している。

その後、その人は本社へ異動となり、僕は、熊本の
店舗を店長として引き継ぐことになった。

23歳で店長になった僕は、おそらく誰よりも
張り切って、肩はいかりきっていたと思う。

店長になりたての僕は、頑張りすぎるあまり、年の
割にとても生意気な店長で、ときにはスタッフに
偉そうに振る舞うこともあったし、理不尽なことも
言っていたと思う。

頑張りすぎて行き詰まり、ひとり苦しむ僕に、
ときには、「店長、がんばりすぎてかわいそう。」
とスタッフに憐れまれることもあった。

でも、売上の下がり始めていた事業部の空気の
中、熊本のお店をつぶすわけにはいかないと強く
思っていたし、自分がなんとかしなくては、とも思っていた。

だからこそ、滅多に来ない本社の上司に黙って、
店頭でビラ配りをしたり、商品の魅力が伝わる
様にとポップをデザインして貼ったりと、いろんな
ことを自分なりに考えては、スタッフの協力のもと実践していた。

※後々になってから聞いた話では、本社にもバレて
いたらしく、本社では、「山本くんは、本当に
厄介者」というレッテルを貼られていたらしい(笑)

たしかに今思えば、
「能力もないくせに、何を突っ走ってんだ!」と、
自分が上司なら、怒りたくもなる。

でも、僕としては本当に大真面目でお店の事を
考えていたし、つぶすわけにいかないと思っていた
し、そのためには、なりふり構っていられなかった。

結局は力及ばず、熊本店はつぶれてしまったが、
今でも当時のスタッフとの交流は続いていて、
こないだも東京で久々に再会し、楽しい時間を過ごした。

その後、移った神奈川のお店でも、熱さ倍増で仕事
に取り組み、空気の違う関西人がやってきたお店で
は「山本さんって、なんか暑苦しいですね。」と、
褒め言葉(?)も、もらっていた。

店長を数年経験し、少しは下がったいかり肩も、
世間的に見れば、まだまだ上向き45度だったので、
このお店でも、スタッフの子には、厳しくあたっていたと思う。

それでも、お陰様でスタッフには熱さを理解しても
らっていた様で、こちらもスタッフとの交流は、今も続いている。

とにもかくにも生意気で、思ったことは誰が
なんと言おうと、能力もないくせに、構わずやる。

挨拶もできず、お礼も言えず、上司の言う事も
聞かず、でも、やる気だけは人一倍。

本社の上司にしても、お店の部下にしても、
なかなかヒトクセあるヤツと思っていたことだと思う。

そんな僕だったが、ひとつだけ芯が通っていて、
絶対に誇れることがあった。

それは、誰よりも「背中を見せる」店長であったことだ。

勤務シフトは一番ハードで、スタッフの休み希望を
優先し、トラブルがあったら、必ず最後にすべて引き受けていた。

また、勉強も一生懸命やっていたし、スタッフの
就労環境や事業部のおかしいと思う点は、
店舗スタッフの先頭に立って、本部に向かっていった。

うるさいヤツではあるものの、スタッフに僕が
「仕事に熱くて」「本気」なヤツということは伝わっていたと思う。

だからこそ、今でも慕ってくれる元部下の子も
いるし、僕の様子を見て、同じ業界に入ってきたヤツもいる。

人の人生の岐路に、影響を与えられたというのは、
嬉しいの一言に尽きる。

何事にもやる気のなかったヤツが、知らない間に
「仕事に熱くて」「本気」なヤツに変わり、人に
影響を与えるまでになっていた。

-----------

さて、話を戻そう。

僕は、典型的なお気楽学生で、典型的なダメ社員で
あったけれど、仕事の中で人に学び、人に助けられ
人に教えていく中で、多くの事を学び、独立するまでに成長できた。

独立してからもなお、ともに創業した仲間から、
挨拶やお礼や、取引先さんの大切さを、これでもかというほど教わった。

真剣にやっているからこそ、人は教えてくれるし、
真面目に叱ってくれるし、そこから自分も「物事の芯」の部分を学び取れる。

同じ時間を過ごすのでも、なんとなくやっている
のと、真摯にまじめにやっているのでは、学びとれる部分は、大きく違う。

働いて同じお金をもらうなら、楽な方がいいと思う
人もいるだろう。

どうせなら学生時代の友達同士の輪みたいに楽しく
やりたい人もいるだろう。

人の上に立たず、嫌なことは言わず、人間関係も
良好にいきたいとも思うだろう。

でも、それでは「芯」の部分は学べないし、
熱いモノは手に入れられないと思う。

せっかくひとつの場所で働くのなら、そこで出会っ
た人に影響を与え、与えられながら、一生懸命ひと
つの事を協力して成功させて、達成の美酒を酌み交わしたいじゃない。

少なくとも、僕はそう思っている。

そして、そんな熱い空気をもつチームを形成する
ためには、まず「自分が率先して背中を見せる」ことが大事だ。

自分がもっとも損をして、泥だらけになりながら、
みんなの信頼を勝ち取っていく。
あの人みたいに、自分も振る舞わなくちゃダメなん
だと、部下に教えていく。

そうして、自分もチームも熱気を帯びていき、
みんなで一つの成功を収めるチームと人間関係が
形成されるんだと思う。

こんな風に思っているからこそ、僕は部下に
「背中を見せろ」と言い続けている。

あの頃から見れば、僕の背中は、今はずいぶんと
たくましくなった。

僕の今の背中は、汗まみれで、泥まみれで、
たくさんの経験を経て、上司も部下も含めた仲間たちに育ててもらった背中だ。

今の管理職メンバーの多くが、その熱気をまとっている。
僕をはじめとした創業メンバーが、熱い背中を見せてきたからだ。

次は、彼らが背中を見せていく番だ。

彼らの背中は、まだまだか細い。
これからたくさんの経験を経る必要がある。

昔の僕がそうだったように、迷いながらもとにかく
誰よりも汗をかき、損をし、人の思いに傷つきなが
ら、背中を見せていってほしい。

まだ、たくましい背中じゃなくてもいい。

部下が思わず助けてあげたくなるような、時に腹が
立つような、でも、一緒に重い荷物を背負いたく
なるような。

そんな愛すべき背中を、部下とともに作っていってほしいと思う。


<考えてること>の記事一覧

2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...