雑誌の楽しさ×ブログの本音

2013年 06月20日 カテゴリー:リセノ考えてること


20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。

リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、ネットショップの「Re:CENO」にあえて「Products&Stories」という副題を付しています。

Product=製品、Stories=話 ということで、製品のもつ「作り手のこだわり」や「製品が生まれる背景」、「製品の特長」「正しい使い方」など、そのプロダクトが本来持つこだわりや魅力(=ストーリー)を、お客様にきちんと伝えるインテリアブランドを目指していくという思いで、この副題を付けたわけです。

この「伝える」ということにおいて、Webサイトはとても重要です。

以前にも書いたかもしれませんが、お客様が自由な時間に、自分なりのペースで、自分の興味のあることだけを見ていけるWebサイトは、製品のストーリーを伝えるのにもっとも適しています。

今の時代は、スマホで電車の移動中なども簡単にWebにアクセスできますので、例えば、遠方から京都のお店に来ていただけるお客様が、来る途中の電車の中で、ストーリーを学びながら、店舗で実際の商品を見たときには、その興味の度合いはとても高くなるでしょう。

だからこそ、Webサイトのクオリティが、お客様が感じる満足感や安心感、実際のお店の集客や、ブランドへの興味、ひいては売上にまで直結すると思います。

そういった意味でも、お客様に製品のストーリーを最大限伝えられるようなサイト構成にしなくてはなりません。
その点で、どうアプローチしていくかを考察しています。

ネットショップの様に作る?

Re:CENOインテリア」というネットショップを運営する弊社ですから、ネットショップを作るのは大得意です。
ネットショップのRe:CENOは、多くのお客様よりご指示をいただけていますので、この経験を活かすのが、一番の近道の様にも思えます。
今のリセノのサイトのように、分かりやすく、買いやすいネットショップをもう1つ作るイメージで、サイトを組み立てていくのが最善でしょうか?

ネットショップの場合は、商品の良さをページで説明し、最終的にショッピングカートに入れていただくのが目標です。
そのためには、商品のイメージ写真はもちろんのこと、サイズや特徴をわかりやすく説明し、お届けまでの日数を説明し、お支払い方法を説明します。
顔が見えない中での買い物になるので、お客様には、商品の魅力をすみずみまで説明し、お買い物の流れのすみずみまで説明し、十分すぎるほどの安心感を提供することが必要です。
そういったことを念頭に、良いネットショップは作られています。

しかし、今回のサイトは違います。

あくまで、商品のストーリーを紹介して、お客様に楽しんでもらう、興味を持ってもらう、一度お店に行ってみようかなと思ってもらうことが目的です。
つまりは、「製品の良さを伝えるというブランドコンセプト」そのものに共感をいただくことが重要です。

そういった意味で、ネットショップの様に、サイズやお支払い情報、お買い物の流れなどの情報はさほど重要ではありません。
より「楽しめる」ことを重点に置いたサイトづくりの方が良さそうです。

ネットショップを新たにもう1つ作るというイメージは「×」です。

ブランドサイトの様に作る?

もう1つの方向を考察してみましょう。

一般の個人のお客様に向けたサイトとして、ネットショップとは異なる方向といえば、やはり「ブランドサイト」でしょう。

ブランドサイトとは、いわゆるブランドのカラーを全面的に打ち出したサイトを言います。
ブランドサイトは、商品1点1点というよりも、ブランドのイメージをどう伝えるかが、とても重要です。

それゆえに、ブランドの最新情報や、ショップ案内、ブランドの思いを語ることに多くのページを割いていきます。
商品の細かな情報やイメージはほとんど最小限にとどめ、ブランドのイメージ戦略と、リアルショップへとりあえず来てくださいということを主眼に置いていることが多いでしょう。

そういった意味では、来店までにも様々な情報をお客様に伝えたい。という今回の私の考えるブランドの思いとは、方向性が異なるでしょう。
私たちのブランドは、商品のストーリーが主役で、ブランドの思いはその次ですから。

これも「×」に思えてきました。

では、どんなサイトに?

では、どのような方向性を持たせれば良いのでしょう。

そんな事をずーっと考えているうちに、最善の方向の1つは、まず「買ってもらうための」を捨てることだと思う様になりました。

例えば、ネットショッピングの場合は、

「この商品は、このカラーがあり、選べます。」
「この商品の価格は、○○円です。」
「この商品のサイズは、○cm×○cmです。」
「この商品は、○○という木でできています。」

こういった説明がページにてしっかり認識させる程度の部分を占めることになります。
当然、このような説明文は、必要な情報です。
これがなくては、ネットショッピングの場合、自分の部屋に合ったアイテムなのかどうかがわからず、満足なショッピングにならないどころか、失敗することも出てきます。

ただ、「買ってもらうための」必要な情報は、購入を最終検討しているお客様にとっては重要ですが、なんとなくモノを探している人にとっては、あまり楽しいものではありません。
だから、今回は、このあたりの必要情報はできる限り最小限に抑えていこうと思います。

また、さらに「買ってもらうため」には、

「この商品は、○○が素敵です。」
「この商品は、○○なシーンにぴったりです。」

といった具合に、良いポイントのアピールが多くなります。
これもとても大切な情報で、お客様がイメージを膨らませていくのにとっても役に立つ情報ですが、ともすれば、どうしても、「お店 → お客様」の関係になります。
お客様にすれば「弱点や、他の製品との比較も知りたいなー」ときっと思うでしょうし、良い面しか表記されていないと、逆に不安が膨らむでしょう。

サイトの方向性はこれで決まり!

そこで、Re:CENO Products&StoriesのWebサイトは、

「雑誌の楽しさ×ブログの本音感」を掛け合わせたようなものにしていこうと思います。

まず、何よりもビジュアルが多くて、見ているだけで楽しい。
そして、商品についての情報が多くて、読んでいるうちに、だんだん興味が沸いてくる。
値段とか、サイズとかちょろっと書いてるくらいで、売り込みっぽくない。

これは、雑誌のテンションですね。

さらには、

「この商品は、3本セットがあるけど、1本をまず買ってもらって、良かったら次の1本って感じでちょっとずつ増やしてもらう方がいいですよ。」
「この商品は、めちゃくちゃ良くて、絶対おすすめですよ。ただ、ちょっと高いですけどね。」

といった風に、友達が本心で話してくれるような、そんな文章構成。
なんとなく一般のインテリアが好きな人が書いてる、ブログのような。

また、文章の書き方も、できる限り

「○○ですよね。」
「○○とは思ったんですけど、違いました。」
「本当は○○を目指してるけど、いまはこれぐらいで。まだまだチャレンジ中です。」

という感じで、スタッフ自身が一消費者として、本音を語れるような、ブログのようなフラットな口調でいこうと思っています。
あまり飾りすぎた、専門用語が飛び交うようなものではなくて、気楽に読める感じの文章ですね。

その結果、
雑誌をぺらぺらっとめくっているような。
押し付けがましくなく、ショッピングっぽくない。
友達のブログを読んでいるような。
でも、商品に対する興味は、めっちゃ沸いてくる。
お客様がなんとなくお店にいきたくなる。

そんなサイト構成に仕上げていこうと思っています。

オープン予定は、8月1日なのでかなり急ピッチで制作を進めていかないと間に合わないです。

より多くのお客様に喜んでいただける様に、スタッフと協力して、頑張って作っていこうと思います。


<考えてること>の記事一覧

2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...