影響力にまつわる5つの源泉

2020年 03月31日 カテゴリー:考えてること


こんにちは。やまもとです。

先日、社内スタッフから「THE TEAM」という
良い本があると聞き、読んでみました。

この本は、チームビルディングに関する本で、
割とさらっと読める本なのですが、個人的にこれは
良いなと思う部分があったので、その点を自身の
思いとともに読み解いてみようと思います。

影響力には、5つの源泉がある

この本には、以下のような記述があります。

---

影響力には、5つの源泉があります。

  • 1つ目は専門性。 メンバーにすごいと思われる技術や知識を持っていること
  • 2つ目は返報性。 メンバーにありがたいと思われる支援や関与をしていること
  • 3つ目は魅了性。 メンバーに素敵と思われる外見や内面的魅力を有していること
  • 4つ目は厳格性。 メンバーに怖いと思われる規律や威厳を持っていること
  • 5つ目は一貫性。 メンバーにぶれないと思われる方針や態度を持っていること

チームメンバーの意思決定への態度は、意思決定者が
これら5つの影響力の源泉を持っているかどうかに
よって、大きく影響を受けます。

---

シンプルに5つにまとまっていて、素敵です。

この5つの影響力の源泉について、会社においての
チームである「上司と部下」「リーダーとメンバー」
の構図に分かりやすく当てはめて、読み解いていきます。

影響力の源泉1:専門性
メンバーにすごいと思われる技術や知識を持っていること

ひとつめは、専門性です。

メンバーに「すごい!さすが!」と思われる技術や
知識を持っていることです。

たしかに、デザイナーならば、どんなに良い上司でも
デザインが上手くないとダメですし、販売でもITでも
やはり専門スキルが高くないと尊敬しづらいですよね。

これはわかりやすい影響力です。

常に求道者のように、専門的な知識をインプットを
し続ける必要はあるので、そこを怠っていると、あっ
という間に専門性において、メンバーへの影響力は
無くなります。

ただ、専門性と言われても、割と表現しづらい職種
だったり、ベテランでも苦手なこともあると思います。

僕がここで思うのは、専門性についても、ある程度
個人の得意・不得意はあっていいし、それを自らが
理解しておくことが大事だということです。

例えば、僕の仕事の場合は、ブランドマネージャー
としての役割が強く、各部署の仕事の評価をしたり、
道しるべを作ったりするのが仕事なので、様々な分野
の専門性を持っていなくてはなりません。

ただもちろん、ひとりの人間なので、現実的には
すべての仕事に専門性を持つのは不可能です。

だからこそ、得意、不得意は自らが認識しておくべきです。

僕の得手

  • どんな分野も、ざっくり6~7割程度までのキャッチアップは早い
  • 深く考える前に動ける身軽さ
  • 利他的(メンバー・顧客)に考える癖が身についている
  • 人を喜ばせるのが好き
  • 人と一緒に楽しむのが好き
  • 人を褒めるのは割と得意
  • 編集が得意

僕の不得手

  • ひとつのことをやり続けるのは得意じゃない
  • 熟考するのは得意じゃない
  • 細やかな作業は得意じゃない
  • こだわりが強くない
  • デザインは得意じゃない

と、こんな感じです。

専門性として「すごい!」と思われるためには、
各分野においてある程度の知見があって、それなりに
言いたい方向が定まっているのは、大事なことです。

「まったく分からない。知らない。」では、影響を
与えることはできません。

ただ、ここで言いたい大事なのは、得意じゃないこと
をきちんと自分自身が認めることです。

チームで働くメンバーは、努力をしている人も多い
ので「すべて教えてほしい」という意味で上司を
頼っているのではなく、あくまでメンターとして、
寄り添いながらのチームでいたいのです。

だから、得意じゃない部分を「それも俺は知ってる」
とやると、そこを得意な部下からすると、
「わかってないくせに...」と思ってしまいます。

こういうことが多くあると、つまりはマウント上司に
なってしまい、メンバーからの尊敬が弱まり、
メンバーへの影響力が弱まります。

だから、専門性として大事なのは、すべてを知って
いるということではなく、専門性として常に努力を
しているし、強い部分もあるけれど、弱いところは
助けてねというイメージでの専門性なのです。

ここを勘違いすると、専門性が悪い方向に出てしまう
場合もあるので、注意が必要です。

影響力の源泉2:返報性
メンバーにありがたいと思われる支援や関与をしていること

ふたつめは、返報性です。

メンバーに「ありがたいなぁ。助かるなぁ。」と
思われる支援や関与をしていることです。

人は、何かをしてもらったら「お返ししなければ」
という気持ちが働くようにできています。

だから、スーパーなどでは、試食をしているのです。
試食をもらうと、買わないと何か悪い気がするから
やっているわけです。

そういった意味で、上司は部下にまずは何かを与え
ているといいのです。

僕個人としては、仕事はもちろんのこと、意外と
大事なのは、慣れない環境に部下がいるうちは、
積極的に話しかけたり、話題の輪に入れてあげたり、
ご飯をおごったりというような、仕事以外の部分が
大切と考えています。

「仕事において何かを教える」というのは、上司の
責務としてなので、それは返報性の対象ではありません。

それよりも、普段の何気ない瞬間の方が部下にとって
スペシャルで、昭和的な発想ではありますが、ご飯を
奢ってあげて、話を聞いて、というのは、意外と
大事な要素と思います。

僕もかつては、バイトの先輩や、仕事の上司に本当に
たくさんご飯に連れて行ってもらったことを、今に
なって思い返して、感謝しています。

人を誘って、人にご飯を奢って、その人の話をする。

ちなみに、この時に自分の話は控えめにして、
聞き手に回るのが大事です。

人の話を先に聞いてあげると、後から自分の話も
ちゃんと聞いてくれるようになります。
これも返報性ですね。アイスブレイクとも言います。

何気ないことですが、部下も周りも、そういう行動
をしている上司にあたる人物を見て、利己的な人か、
利他的な人かを見ていると思います。

影響力の源泉3:魅了性
メンバーに素敵と思われる外見や内面的魅力を有していること

みっつめは、魅了性です。

メンバーに「ええやん」と思われる外見や内面的な
魅力を有していることです。

外見においては、ファッションでしょうね。

うちの会社の場合は、インテリアなのでやはりその
あたりのセンスなどは、感度が高い人が多いです。

その点で、服装もおしゃれ感があった方が、やはり
上司として魅力的に見えると思います。
どっちかというと、魅力が割増される感じかな。
外見だけで中身なしではダメですしね。

おしゃれに自信がない人も、清潔感があればいいですね。

内面的な魅力については、総合力的な上司の魅力で、
会社では上にいけばいくほど、仕事の能力よりも人格
が大切になってきます。

外見も内面も磨く努力をしていかなくてはいけません。

影響力の源泉4:厳格性
メンバーに怖いと思われる規律や威厳を持っていること

よっつめは、厳格性です。

「怒られた。こわっ!まぁでも ...その通り」と
思われる規律や威厳を持っていることです。

会社にはルールがあります。

そのルールにそぐわない行動があった場合に、
きっちりと叱ってあげることは必要です。

「小善は大悪に似たり」という言葉があります。

信念無く部下に迎合する上司は、一見優しく、
寛容で、愛情深いように見えますが、結果として
部下をダメにしていきます。

ちょっとしたダメな行動をしたときに、注意しない。

大きな信念に沿わずに、部下のやってはいけない行動
を流して、部下に迎合することを「小善」といいます。

「これやっても大丈夫なんだ」
「これくらいの感じならOKなのね」
「だって前回何も言われなかったし」

と、部下は会社でのOK基準を自分なりに決めていきます。

これによって、会社の規律はおかしくなります。
そして、部下の将来にとっても、成長は望めません。

つまり「小善」は、部下の成長にとって「大悪」なのです。

一方、「大善は非情に似たり」という言葉もあります。

信念をもって厳しく指導する上司は、煙たいかも
しれませんが、長い目で見れば部下を大きく成長
させることになります。

これが「大善」です。

真の愛情とは、どうあることが相手にとって本当に
良いのかを厳しく見極めることなのです。

周りから見ればむごいと思える行為も、それはその
人を大きく育てるために必要な愛のムチなのです。
非情と思えるその行為こそが、大善なのです。

厳格に人を叱るのは、叱る方も大変な労力を伴います。

「私は、人に叱るのが苦手で...」

という上司もいますが、その人の下についた部下は、
次の「大善」を重んじる上司の下についたときに、
やられます。

もしくは、年齢を重ねて、上司の立場になった時に、
部下に尊敬されない上司になります。これに気づく
のはかなり年齢を重ねた後なので、取り返しのつか
ない状態になるでしょう。

コミュニティを形成し、人として成長するためにも、
実直に厳格性を紡いでいかなくてはならないのです。

厳格に接することにより、上司としての威厳を
部下は感じるようになり、尊敬が生まれるのです。

また、厳格という意味でのもう1点は、上司は部下
よりもさらに約束に厳格でなくてはなりません。

仕事の期限を守ったり、普段のあいさつをしっかり
と行ったり、就業規則を守ったりといったルールを
部下よりもさらに厳格に行わなければなりません。

常に見られ、参考にされる立場として、上に行けば
いくほど、より自分を律することが必要です。

これを守らなければ、部下を厳しく指導する権利は
ありません。

影響力の源泉5:一貫性
メンバーにぶれないと思われる方針や態度を持っていること

いつつめは、厳格性です。

メンバーに「あの人の言うことはぶれない」と
思われる方針や態度を持っていることです。

あるときにはこっち、あるときにはあっち。と、言う
ことが大きくぶれる人は、何が本当なのかわかりません。

もちろん人ですから、前はこう思ったけど、今は
こっちかな?と思うことはあります。

僕なんかは、常に迷いながら物事を決断しています
から、朝令暮改も多くあります。

ただそういうことではなくて、大事なのは、決めた
ことにまっすぐに打ち込み、そのことについて
嘘をつかないことです。

大きな方向性の中でぶれなければ、一貫性がぶれる
ことはなく、そういう印象を与えることもありません。

部下を育てるという強い意志があれば、小さなぶれ
があったとしても、その思いはきっちりと部下に
愛情として伝わるのです。

まとめ

さて、今回は「影響力の源泉」というテーマで、
会社での関係性に具体的に置き換えて、本から受けた
言葉を、自身の経験から読み解いてみました。

チームビルディングがうまくいかない上司は、この
影響力の源泉となる5つを見返して、実直に1つずつ
埋めていくことをお勧めします。

それぞれの習熟度は異なるにしても、一つも欠けずに
すべてを念頭において、意識高く、背筋を伸ばして
やっていくことが大事です。

部下の成長は、上司という伴走者にかかっています。

上司は、プレイヤーとして自分の仕事をやるだけ
では満点でも50点で、あとの50点は部下を育て、
導き、社のカルチャーを伝え、想いを同じにする
次世代を作っていくことが責務です。

それは会社のメリットだけではなく、そのスタッフが
会社を辞めたとしても、次の会社はもちろんのこと、
その人としての人生において、貴重な勉強になるはずです。

チームビルディングをうまく出来るようになれば、
私生活でも、とても魅力的な人物になることでしょう。

決して頂上感・到達感を持ってはいけませんよ。
頂上感を持った時に、人は学ぶことをやめ、人からの
指摘を拒否し、素直さを無くします。

そんな人には、誰も心からのアドバイスを
しなくなりますから。

また、今回は上司から部下への話をしましたが、
教わる側の部下においても、素直な気持ちをもって
学ばせてもらうことに、感謝することが大事ですね。

僕は会社の一番の上司として、常に自分を振り返り
ながら、より良いチームを作れるように、誰よりも
精進しようと思います。


<考えてること>の記事一覧

2020年 05月31日

20200528101914.jpg

こんにちは。やまもとです。 5月中旬に、ECでの展開商品を大幅に削減しました。 まだ実行余地は多くありますが、それでも現時点で全体の1/3の...


2020年 04月30日

20200416130853.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、家具小売りにおけるオンラインとオフライン(リアル店舗)の関係性について、私見を整理していこうと思...


2020年 03月31日

20200324142959.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、社内スタッフから「THE TEAM」という良い本があると聞き、読んでみました。 この本は、チームビルディン...


2020年 02月28日

20200228193111.jpg

「経営とは矛盾の追求である。」 いきなりバシーッと言い切っていて、どこかの偉人の言葉に聞こえるが、なんてことのない僕がいまさっき整えて書いた...


2019年 12月18日

20191218165037.jpg

こんにちは。やまもとです。 2019年最後の12月は、最終日ではなくすこし早めの投稿にしています。 今回は、Flavorで新たにはじまった「...


2019年 11月30日

20191129183035.jpg

2019年ももうすぐ12月。 昨年は最後の月に目標を投稿したのですが、来月はちょっと書きたいことがあるので、ひと月早いですが2020年の個人...


2019年 07月31日

20190802102403.png

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは苦言です。 リセノは業界内人気がとても高く、取引先さんに聞いても、いろんな小売店との商談時に名前が...


2019年 06月30日

20190627114319.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のテーマは、品質改善についてです。 お客様に購入いただいてお届けする家具たちですが、大変申し訳ない話ですが、...


2019年 05月31日

20190603164310.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のお題は、ECの撮影って大変だけど、楽しいし、さらによく出来そうだよねっていうお話です。 ECの商品撮影にま...


2019年 04月26日

20190426125307.jpg

こんにちは。やまもとです。 明日からGWで、今年は10連休ですね。とっても長い休みは僕の会社も一緒です。 10日間で思いっきりリフレッシュを...


2019年 01月31日

20190131194403.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、オンラインセレクトショップの近未来について考えていることです。 家具・インテリア業界のオンライン...


2018年 12月31日

20190104175206.jpg

2018年最後の投稿ということで、2019年の個人的な目標をブログに残しておこうと思います。 1.継続的な読書 1つ目の目標は、継続的な読書...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 08月31日

20180904162831.png

こんにちは。やまもとです。 インテリア業界の情勢は厳しい状況です。我ながら唐突ですね(笑) メーカーさんやベンダーさんなど業界関係の方々と情...


2018年 06月30日

20180706222744.jpg

こんにちは。やまもとです。 先日、一緒に家具作りをしている会社の担当さんと呑んでいるときのはなし。 ある有名なインテリアショップさんの売上が...


2018年 05月31日

20180531150447.png

こんにちは。やまもとです。 今日は東京に出張に来ていて、東京店のバックヤードにてこのブログを書いています。 東京には1~2か月に1度は来てい...


2018年 04月30日

20180506164350.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、最近よく考えている「競争」というものについて。 インテリア小売業界は、2018年現在、かつてない...


2018年 03月31日

20180402145823.png

こんにちは。やまもとです。 今回は未来へ向けてのカフェ計画についてです。 前からカフェをやりたいなとずっと言い続けてきましたが、特に最近はや...


2018年 02月26日

20180226135226.png

こんにちは。ヤマモトです。 今月のブログは、僕たちの考えるプロというものについてのお話。 僕たちの会社は、基本的にいろんなことを外部のプロに...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 09月28日

20160606114630.png

ひさびさの投稿は、インテリアEC業界の現況分析とこれからのリセノの方向性について、考察しておこうと思います。 いままでのインテリアECは、ブ...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 06月28日

20160628134327.png

最近、割と頻繁に「うまく行っているのは、なぜですか?」と聞かれます。 うまく行ってるというのは、リセノのことです。 取引先の方によくよく聞い...


2016年 04月20日

20160606114630.png

朝の出勤ルート。 いまの場所に会社を移して、もうすぐ4年。 最初は烏丸の駅で降りて会社に向かっていたけれど、毎朝、同じ時間に同じ道を通ること...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 02月29日

20160229123613.png

今日の投稿は、社内で起こっている問題の解決へ向けての決意表明です。 ------------ 会社には、さまざまな資源が必要であり、それらは...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 11月02日

20150804122633.gif

先日、社内のカスタマーサポートの責任者と話していたときのこと。 出来る限りコンパクトな人数で、質の高いカスタマー業務を行っていきたいという要...


2015年 09月30日

20150930111442.gif

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第8期が終了します。 会社として、今年も1年を無事に過ごせ、大きなチャレンジも行うこと...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 07月31日

20150804122633.gif

ここ数年、「背中を見せる」という言葉を、よく使う様になった。 「背中を見せる」とは、「口で言うだけじゃなく、自らが行動で示す」という意味だ。...


2015年 05月31日

20150607.jpg

こんにちは。やまもとです。 さっき、ブログに何を書こうかなーと思って、 「仕事がプライオリティのNo.1じゃなくても別に いいけど、そこで...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 03月31日

20150331-4.jpg

こんにちは。やまもとです。 さて、みなさん、本読んでますか? 本って言ってもいろいろとあるけど、ここで言う本は、自分の仕事や生活に関わる本の...


2014年 10月01日

20141001_1.gif

昨日、9月30日に会社の第7期を無事終えることができました。 最終決算の確定はまだ先ですが、売上は前年ベースになりそうな見込みです。今期は...


2014年 04月25日

20140425_2.jpg

こんにちは。4月も後半になり、京都もずいぶんと暖かくなってきました。 増税前駆け込みでめちゃくちゃ忙しかった3月を越え、増税後ですっかりと落...


2014年 04月04日

20140404_2.jpg

今日のテーマは、インテリア選びに失敗しないための「試着」のススメです。 僕は、家具を選ぶ時に難しいポイントは、2つあると思っています。 1つ...


2014年 01月07日

20140107.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ株式会社Flavor および Re:CENOインテリア・Re:CENO Products&...


2013年 12月25日

20131225.gif

メリークリスマス!本日は、12月25日ですね。 昨日のイブには、京都の店舗:リセノPSにもたくさんのお客様にいらしていただき、スタッフ曰く...


2013年 11月29日

20131203.jpg

さて、今回のお題は、無垢材家具と、突板家具についてのお話です。人気のインテリアショップでも多く取り扱われているのは、だいたいこの2つの種類の...


2013年 10月21日

20131022-7.jpg

先日、岡山の家具メーカー「ELD INTERIOR PRODUCTS」さんにお邪魔してきました。 京都の店舗にてお取引をさせていただいている...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 03月14日

dq3.jpg

「好きこそものの上手なれ」今日は、これについて、お話したいと思います。 仕事において、「好き」ということ以上に大切な資質はない 仕事において...


2013年 03月08日

1-b.jpg

今回のお題は、「商品の良さをより伝えるられるのは、リアル店舗 or ネットショップ(EC)?」についてです。 一般的な認識はリアル? まず、...