リセノが目指す「ナチュラルヴィンテージ」スタイル詳説

2020年 06月30日 カテゴリー:リセノ


こんにちは。やまもとです。

今月のブログは、リセノが目指すインテリアスタイル
「ナチュラルヴィンテージ」というスタイルについて
そのメリットや、実践術についてまとめておこうと
思います。

リセノが提唱するインテリアスタイル
「ナチュラルヴィンテージ」とは?

2.jpg

リセノでは「ナチュラルヴィンテージ」という
インテリアスタイリングを推奨しています。

ナチュラルヴィンテージは

「シンプルでナチュラルな内装をベースに、
 トーンを抑えた統一感のある家具を配し、
 ヴィンテージ感のあるディテールアイテムを
 ミックスすることで、落ち着いた印象を与える
 インテリアスタイリング」

です。

分かりやすく言うと、無印良品さんのような
ナチュラル・シンプルといったスタイリングと、
海外のホテルのようなヴィンテージなスタイリング
の間のようなイメージでしょうか。

4.jpg
出典:無印良品の家

20141209072602.jpg
ポートランド ACE HOTEL

ちなみに「ナチュラルヴィンテージ」という言葉は
僕が考えた造語です。

ナチュラルスタイルは「木や革、麻などの自然素材を
活かして、色味よりも質感を重視するスタイル」と
定義できますので、ここにヴィンテージ要素をプラス
することで、よりこなれ感のある素敵なインテリアに
仕上がると考えています。

今回のブログでは、このナチュラルヴィンテージに
インテリアをすることのメリットと方法論を解説して
いきます。

「ナチュラルヴィンテージ」のメリット

3.jpg

リセノが、この「ナチュラルヴィンテージ」の
インテリアスタイリングをお勧めするのには、主に
以下のような理由があります。

  1. 初心者にありがちな「まとまりのないインテリア」にならない
  2. 初心者にありがちな「味気ないインテリア」にならない
  3. 1Rの賃貸から、分譲マンション、一軒家まで、どんな間取りでも素敵に仕上げられる。
  4. 注文住宅やリノベーションでも、内装費は安くすむ
  5. トレンドではないので、飽きずに長く愛せる

順を追って、メリットを説明していきます。

1. 初心者にありがちな「まとまりのないインテリア」にならない

27.jpg

インテリア初心者にありがちなのは、ソファやベッド
など主要な家具を、単品で見て「いい!」と思った
ものをバラバラと買ってしまいがちなミスです。

ひとつひとつは気に入っていても、インテリア全体
の調和がうまくいかず、結果的になんだかバラバラ
とした、気に入らない部屋になってしまいがちです。

その点、ナチュラルヴィンテージのスタイリングは、
基本ルールがきっちりとあるので、初心者の方でも
全体的に調和のとれたお部屋を作ることができます。

詳しい基本ルールは、後述します。

2. 初心者にありがちな「味気ないインテリア」にならない

1.jpg

「まとまりのない」インテリアと同様に初心者に
多いのが「味気ない」インテリアです。

家具は置いたんだけど、どこか味気なく、見た目も
満足のいくものではありません。

このミスも、ナチュラルヴィンテージスタイリング
ならば、簡単に解決できます。

3. 1Rの賃貸から、分譲マンション、一軒家まで、
どんな間取りでも、素敵に仕上げられる。

17.jpg

一般的に素敵なお部屋は、一から建てた注文住宅で
あったりしますよね。

玄関に吹き抜けがあったり、窓枠が素敵だったり、
壁が素敵だったり。

いわゆる内装にこだわっている方が、見た目的にも
素敵なインテリアになります。

ただ、ナチュラルヴィンテージスタイルは、内装は
いたってシンプルな白壁・フローリングを推奨して
います。

箱(内装)はシンプルにして、全体のトーンや色味、
アクセントアイテムで仕上げていくので、内装は、
関係がないんです。

だからこそ、小さな賃貸マンションから、家族で住む
マンション・一軒家まで、すべての間取りで、この
スタイリングテクニックを使えるのです。

4. 注文住宅やリノベーションでも、内装費は安くすむ

25.jpg

前述のとおりですが、内装には大きなお金をかけない
ので、家を一から建てる時や、リノベーションなど
でも、内装費は思いのほか安くあがります。

おしゃれでありながら、お財布にも優しいところが、
ナチュラルヴィンテージスタイルをお勧めする点に
挙げられます。

5. トレンドではないので、飽きずに長く愛せる。

23.jpg

そして、最後のポイントは、飽きずに長く愛せると
いう点です。

いま流行りの「インダストリアル」や「カフェ」
「西海岸」などのスタイルは、内装のクセが強いので
トレンド感のある時は良いのですが、どうしても
年を重ねるごとに、飽きが来てしまいます。

その点において、ナチュラルヴィンテージは、
基本が「落ち着いた、ベーシックな」スタイルなので
飽きが来づらいと思います。

また、トレンド感は、メインの家具以外であしらう
「雑貨 = アクセントアイテム」で取り入れることが
できますので、トレンドの移り変わりに合わせて、
容易に変えていくことができます。

-------------------

ナチュラルヴィンテージスタイルをお勧めするのは、
以上が主な理由です。

続いて、ナチュラルヴィンテージスタイルを作る
5つのポイントを解説していきます。

詳説:「ナチュラルヴィンテージ」のつくり方

6.jpg

次に、ナチュラルヴィンテージスタイリングの
作り方を、詳細に説明していきます。

ポイントは、以下の5つです。

  1. ベースは、白壁やナチュラルな床でOK
  2. 家具は、落ち着いた色とトーンで揃える
  3. アクセントカラーの代わりに「アクセントアイテム」を配置
  4. インテリア全体を3色までに絞る(レピテーションを使う)
  5. 多灯照明にする

上記のポイントを抑えることで、ワンルームなら
上の画像の様に、素敵に仕上がります。

また、LDKなら

2.jpg

7.jpg

こんな感じのイメージです。

では、1つずつポイントを紹介していきましょう。

1. ベースは、白壁やナチュラルな床でOK

19.jpg

ナチュラルヴィンテージスタイルのインテリアは、
内装はシンプルが基本です。

白い壁と、ナチュラルな床。これで問題ありません。
これなら、賃貸などでもできそうですよね。

このシンプルな箱に、家具とアクセントアイテムで
素敵なインテリアを表現していきます。

2. 家具は、落ち着いた色とトーンで揃える

8.jpg

家具は、落ち着いた色とトーンで揃えます。
ここがひとつめの大きなポイントです。

上の写真で言うと、

色 = ミッドブラウン
トーン = すこしくすんだような茶色

で揃えています。

家具は面積が大きいので、この面積の大きい部分が
同じ印象のもので揃っていることで、部屋全体の
骨格部分が、まとまってくれます。

大事な事は、ソファやベッドなどの単品として
見るのではなく、ソファ・テーブル・ベッドなどを
ひとつのグループとして考えることです。

「単品で選ばず、グループで同じ色味とトーンを選ぶ」

という分かりやすいルールがあることで、初心者に
ありがちな「まとまりがない」というミスがなくなります。

3. アクセントカラーの代わりに「アクセントアイテム」を配置

20.jpg

家具を揃えることで、ベースとなる部分が出来上がり
ました。

家具の色とトーンを揃えただけでも、統一感を感じる
インテリアを予感させますが、このままだといわゆる
「シンプルで味気ない」状態です。

ここにインテリアのポイントとなる「アクセント」を
追加していきます。
ここが2つ目の大きなポイントです。

配色の基本などでは「アクセントカラー」と呼ばれる
差し色を入れます。例えばこんな感じです。

9.jpg

この画像でいうと「クッションのイエロー」が
アクセントカラーです。

アクセントカラーは、メリハリを出す効果があり、
お部屋の印象にインパクトを与えます。

ナチュラルヴィンテージスタイルの場合は、全体の
統一感を作ることで、落ち着いたインテリアにする
ために、あえて「アクセントカラー」は入れません。

では、どうやって味気ないインテリアから抜け出すのか。

ここで使うのが、ヴィンテージアイテムをはじめと
した「アクセントアイテム」と呼ばれるものです。

22.jpg

ナチュラルヴィンテージスタイルで用いる代表的な
アクセントアイテムは、

  • ディテール感のあるファブリック
  • 自然素材のかご
  • ドライフラワー
  • 観葉植物
  • アンティーク品

などです。

このアクセントアイテムによって、スタイリングが
一気に華やぎます。

ここから、分かりやすく、お部屋を作っていく様子
を解説していきます。

-----------------

先ほどの家具を置いたベース状態が以下。
ここからアクセントアイテムを追加していきます。

8.jpg

まずは、ラグを入れます。
このラグは、色味はベージュと濃いグレー。
トーンも、かなり落ち着いたトーンです。

12.jpg

このラグの素材は、インドで手織りされたウールです
ので、見た目にもディテール感のあるヴィンテージ
ライクなアイテムです。

そして、次にベッドにアクセントアイテムを配します。

13.jpg

ここにはリネンのざっくりと織られた質感のある
ベッドシーツと、クッションを置いています。

このベッドに置いたアクセントアイテムも、色味や
トーンの落ち着いたものを選び、クッションの1つ
ラグと同様にインドで織られたものを使用しています。

そして、次に、収納棚。

14.jpg

収納棚には、アラログという自然素材を
使ったかごを配しています。

色味は、家具と同じミッドブラウンカラーで、籐で
編まれた自然素材が、良いアクセントになります。

また、天井照明もブラウンのものを選んでいます。

15.jpg

そして、最後に骨董市などで集めてきたヴィンテージ
の雑貨や、ドライフラワーなどを置いていきます。

これで完成です。

一見難しいように見える上記のスタイリングですが、
ひとつひとつを見ていくと、ここに書いてきた様に
色味とトーンを合わせ、アクセントアイテムの一覧
に書いたアイテムを組み合わせているだけです。

  • ディテール感のあるファブリック
  • 自然素材のかご
  • ドライフラワー
  • 観葉植物
  • アンティーク品

アクセントカラーをあえて省き、アクセントアイテム
で、彩りを加えるのが、ナチュラルヴィンテージの
インテリアスタイリングです。

4. インテリア全体を3色までに絞る(レピテーションを使う)

さて、ナチュラルヴィンテージスタイリングとして

  • ベース(シンプルな内装)
  • メイン(同色味・同トーンの家具)
  • アクセント(カラーではなく、アイテム)

の選び方と実例を、紐解いてきました。

ここで3つ目のポイントです。

それは、インテリア全体を3色までに絞ることで、
全体の調和がとれるということです。

15.jpg

あらためて完成した部屋を見てみると、大きな面積
で使用している色は、

  1. ホワイト(壁)
  2. ナチュラル(床)
  3. ブラウン(家具・アクセントアイテム)

の3つであることが分かります。

大きな面積の色味を3つまでに絞っていることで、
全体に調和のとれたインテリアに仕上がります。

ちなみに「グレー」や「ブラック」といった色は、
無彩色と呼ばれる色で、調和の邪魔をしない色味で
あるので、3色には含みません。

目立たせなくないアイテムは、無彩色を選ぶように
すると、悪目立ちしなくなります。

また、上の実例で言うと

  • 家具と、天井照明と、アクセントアイテムには「ブラウン」を。
  • ラグと、クッションには「グレー」を。
  • ベッド横と、棚上の植物の「グリーン」を。
  • TVとベッド上と棚上には「ブラック」を。
  • ベッド横と、棚には「自然素材のカゴ」を。

と、同じ色や、同じ素材を分散して、繰り返し使っています。

このように同じ色味を繰り返し使うことを
「レピテーション」と言います。

30.jpg

空間内で、同じ色味を繰り返し使うことで、調和が
高まる心理テクニックのひとつですので、覚えて
おくといいでしょう。

5. 多灯照明にする

28.jpg

さて、ナチュラルヴィンテージスタイリングの基本
の最後ですが、それは多灯照明です。

ナチュラルヴィンテージは、落ち着いたインテリア
に仕上げるのが目的ですので、照明はとても大事です。

一般的には、天井照明を明るいものを付けて、
それひとつで過ごしているという方が多いと思います
が、それはダメです。

高級ホテルなどを思い浮かべてもらえれば分かります
が、照明は「多灯」として、

  • 天井
  • フロア
  • テーブル
  • ベッドサイド

などと、手数を増やして「明かりの足し算」で、
必要な光量を得るのが、ポイントです。

18.jpg

多灯照明にすることで、昼も夜も、より落ち着いた
時間を過ごせるようになるでしょう。

「ナチュラルヴィンテージ」スタイリング
ぜひチャレンジしてみてください。

2020_06_01_4081.jpg

というわけで、今回はリセノが推奨している
「ナチュラルヴィンテージ」というスタイリングを
紐解いてみました。

ナチュラルヴィンテージは、ルールがしっかりと
しているので、初心者もミスが起こりづらく、
それでいて完成度が高いインテリアスタイルです。

落ち着いた部屋で、ゆっくり過ごしたい方や、
トレンドに左右されず、長い時間をかけて、ゆっくり
と部屋づくりを積み重ねていきたいという方には、
ぜひ、お勧めしたいと思います。

ちなみに、京都店は先日リニューアルしましたが、
まさにナチュラルヴィンテージを表現するお店に
仕上がっています。

ぜひナチュラルヴィンテージの空間を体感にご来店
いただければと思います。

2020年6月1日 京都店をリニューアルオープンしました!

また、リセノではインテリアサポートにも力を入れて
おりますので、実践したいけど、やっぱり自信がない
という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

細かなご相談まで丁寧にお応えいたします。

リセノインテリアプロサポート

また、今回のメイン解説につかったお部屋は、
リセノの動画チームがつくったものを使いました。

こちら動画としても解説されていて、とても
分かりやすいので、ぜひ。

では、また来月に。


<リセノ>の記事一覧

2020年 08月31日

20200825103957.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のテーマは「カスタマーサクセス」です。 この言葉は、近年、Saas(Software as a Servic...


2020年 07月31日

20200727160850.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のテーマは、働き方についてです。 新型コロナウィルスの影響によって、リモートワークを初めて経験した企業は多く...


2020年 06月30日

20200612100531.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、リセノが目指すインテリアスタイル「ナチュラルヴィンテージ」というスタイルについてそのメリットや、...


2020年 05月31日

20200528101914.jpg

こんにちは。やまもとです。 5月中旬に、ECでの展開商品を大幅に削減しました。 まだ実行余地は多くありますが、それでも現時点で全体の1/3の...


2020年 04月30日

20200416130853.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のブログは、家具小売りにおけるオンラインとオフライン(リアル店舗)の関係性について、私見を整理していこうと思...


2020年 01月31日

20200128163218.png

こんにちは。やまもとです。 ブランドコンセプトにおける解説(キャプション)を少し修正し、またその先に目指すブランドの世界観をアップデートした...


2019年 12月18日

20191218165037.jpg

こんにちは。やまもとです。 2019年最後の12月は、最終日ではなくすこし早めの投稿にしています。 今回は、Flavorで新たにはじまった「...


2019年 10月31日

DSCF6271.jpg

こんにちは。やまもとです。 昨日、13期の会社全体の目標共有会を行いました。 目標共有会は、例年、年度初めに開催します。 これからの1年間を...


2019年 09月30日

20191001083459.jpg

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第12期が終了します。 リセノは、この1年で幅広いテイストの商品を扱うセレクトショップか...


2019年 08月31日

20190828170830.jpg

こんにちは。やまもとです。 今月のお題は、近日着工予定の自社リノベです。 今のFlavor本社は、約6年前にビル1棟を借りて、1Fを実店舗、...


2019年 06月30日

20190627114319.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のテーマは、品質改善についてです。 お客様に購入いただいてお届けする家具たちですが、大変申し訳ない話ですが、...


2019年 05月31日

20190603164310.jpg

こんにちは。やまもとです。 今日のお題は、ECの撮影って大変だけど、楽しいし、さらによく出来そうだよねっていうお話です。 ECの商品撮影にま...


2019年 03月31日

20190325164827.jpg

こんにちは。やまもとです。 以前のブログで書いていたリノベーションの案件が無事に納品まで終わりました。 住宅物件のコーディネート事業をスター...


2019年 02月28日

20190301121024.jpg

こんにちは。やまもとです。 新生活直前の2月。新生活シーズンの3・4月に向けて、インテリア商戦はピークを迎えます。 それに向けて(というより...


2018年 11月30日

20181203125402.png

こんにちは。やまもとです。 Flavorの12期目が始まり、早2ヶ月が経ちました。前期の反省を活かしながら、今期も頑張って前に向かって進んで...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 09月30日

20181001151447.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第11期が終了します。ほんと1年は早いですね。今年の1年を振り返ります。 第11期に行...


2018年 01月31日

20180131131606.png

こんにちは。ヤマモトです。 今回は、2015年より少しずつリリースを重ねてきたオリジナル家具「Re:CENO product」の販売動向と今...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 11月28日

20171128194307.JPG

こんにちは。やまもとです。 先日、11期の会社全体の目標共有会を、京都本社にて行いました。 目標共有会は、例年、年度初めに開催します。 これ...


2017年 10月29日

20171029200005.png

動画コンテンツの本格運用を視野に入れたYoutubeのチャンネルを開設しました。 インテリアは日本の住宅事情や、購入頻度の少なさから、なかな...


2016年 10月31日

20161031204518.jpg

こんにちは。ヤマモトです。 リセノのオリジナル家具の第2弾「WIRY」シリーズが、いよいよ明日よりオンラインで順次発売開始となります。 NO...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 07月15日

20160715200231.png

今週の水曜日に、3Dインテリアシミュレーターをリリースしました。 専用のソフトなしで、ブラウザだけでインテリアの3Dコーディネートが出来る...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 01月04日

20160105084107.jpg

あけましておめでとうございます。 本年も月1回のペースでブログを更新していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 さて、新年1回目の今回...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 10月09日

20151009173505.gif

ここ数年にわたって、ブランディングについて、ずっと考えています。ここ数日は、もっともっと考えています。 お店をブランド化できれば、価格競争に...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 06月30日

20150630212020.jpg

こんにちは。やまもとです。2015年7月10日に東京・二子玉川にリセノのリアルショップ2店舗目となる東京店をオープンします。 東京にお店を...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 01月09日

20150109.jpg

こんにちは。ヤマモトです。 先日、ようやく念願のWebマガジンをリリースできましたので、そのあたりのお話を備忘録の意味も兼ねて、書いておきま...


2014年 07月27日

20140727.jpg

Webサイトを約4年ぶりにリニューアルしました。 徐々に出来上がったところからのリニューアルのため、今のところはトップページを中心の変更です...


2014年 03月06日

20140306.jpg

今回は、備忘録的に、伊勢丹の催事出店を振り返ってみたいと思います。 【開催の概要】 ---------------------------...


2013年 09月30日

20130930.gif

表題の通り、本日で会社の第6期目が終了します。 最終決算の確定はまだ先ですが、お陰様で、前年売上比 170%程度でフィニッシュできそうな気...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 08月06日

20130806.jpg

2013年8月1日(木) 京都・四条烏丸にリセノの実店舗「Re:CENO Products&Stories」を無事オープンいたしました。 ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 05月31日

20130531.jpg

Facebookや、各Webサイトでもすでにリリースしておりますが、リアルショップを今夏にオープンいたします。 Re:CENO Produc...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 02月27日

enjoy.gif

今日は、私が運営している「Re:CENOインテリア」(以下、リセノ)について、お話させていただきます。 昨日の投稿の様に、「ストーリーやこだ...