僕が考えるブランディングに必要な8つのポイント

2015年 10月09日 カテゴリー:リセノ


ここ数年にわたって、ブランディングについて、
ずっと考えています。
ここ数日は、もっともっと考えています。

お店をブランド化できれば、価格競争に巻き込まれる
ことも少なくなり、ファン(=お客様)へ向けた取り
組みもしやすくなり、その他にも、集客や採用活動
など、さまざまな良いことが付いてくるからです。

旧来のECショップにありがちな、価格勝負をしている
と、その優位性が高い時は、競合店との競争にも打ち勝ちます。

しかし、それでは短期的な成功があったとしても、
本当の意味での長期にわたる経営はできません。

Amazonなどの大手企業が参入してきたら、価格の
優位性なんて太刀打ちしようがないですしね。

お店をより良くし、価格競争から脱却し、安定した
運営を行うためには、ブランド化は必須の案件です。

そして、ブランド化を果たすためには、
ブランディング=ブランドイメージをあげる活動が必須です。

僕も、理想的なブランド化を果たすために、自分なり
にブランディングについて学び、考え、リセノでも実践してきました。

それは、実店舗展開であり、マガジンであり、
ブログであり、リトルプレスであり、写真であり、
品揃えであり、カフェであり、、、 といったものです。

そして、今回、新たな気づきとともに、
ブランディングに必要な8つの事柄をまとめてみました。

「ブランディング」をあらためて説明します。

さて、ブランディング8項目をご紹介する前に、
あらためてブランディングとは何かを説明しておきます。

ブランディングとは、「Brand-ing」なので、お店を
ブランド化していくことを指します。

「ブランド」はひとことで言うと、お客様が企業やお店にもつ好意的なイメージのことです。

わかりやすく言うならば、下記のような感じです。

  • ブランド・ロイヤルティ(ex:「やっぱビールはアサヒに限る」)
  • ブランド認知(ex: 「あ、資生堂の新しい化粧品が出てる」)
  • 知覚品質(ex:「ナイキのスポーツシューズならまず間違いないだろう」)
  • ブランド連想(ex:「ジャガー=高級車」)

出典:http://blog.btrax.com/


ブランドには、信頼感や安心感、好意的なイメージ
を連想させ、ファンになってもらい、長くお店を利用し続けてもらえる力があります。

ブランドを感じてもらえるお店や商品は、価格の高低
に左右されない独自のポジションを獲得できます。

名もない靴:8,000円と、NIKEの靴:10,000円なら、
もちろんNIKEを買っちゃうって人も多いでしょう。

これが、ブランドであり、このブランドを作って
いくのが、ブランディングという活動です。

ブランディングとは、お店を好きになってもらうこと。

さて、話を戻しましょう。

今までも、僕たちリセノが、たくさんの
ブランディングを行ってきたのは、前述のとおりです。

これらの活動のおかげでしょう、Facebookなどを
通じてファンでいてくださるお客様の声を目にする事
も増え、リセノにも、少しはブランド感が出始めてきました。
でも、まだまだ全然です。

前年度に東京にお店を出したことで、僕がイメージ
していたブランディングのプランは、いったん出し切りました。

そして、この先のブランディングは、どうしようかと
考えている中で、ふと気づきました。

「ブランディング」という大きな定義として考える
から話が難しく、かっこよく、聞こえよく考えがちなんじゃないかと。

ブランディングという難しい言葉じゃなく、そのまま
「お店を好きになってもらうために」と置き換えればどうでしょう。

そもそも長く愛されているお店は、
「信頼感や安心感、好意的なイメージを持ってもらう」
ための取り組みを、ブランディングなどという言葉が出てくるずっと以前からやってきたはずです。

つまりは、ブランディングは、お店を「好き」に
なってもらう事と限りなくイコールに近く、延長線上にあるんです。

そう気づくと、一気に思考が進みました。

そして、あらためて、自分が純粋に普段から「好き」
と感じているお店の共通点を見つけて、なぜそう感じているかを思い返してみました。

たとえば、飲食店。

僕が呑みにいくお店は、たいてい一緒のお店ばかり。
好きなお店がいくつかあり、そのお店たちをぐるぐると日によって変えています。

この行為を分析すると、完全に
「信頼感や安心感、好意的なイメージを連想」して
いるからこそ、同じお店ばかりに行くのです。

すでに自分自身が、知らず知らずのうちにそれぞれの
お店に「ブランド」を感じ、それを重視してお店選びをしていたんです。

なんだ、こんな簡単なことなのか。
そう思いました。

僕が考えるブランディング8項目

こんな風にブランディングをシンプルに捉え直し、
あらためて、ブランディングに必要な要素を考えてみました。

以下の8つが、再定義したブランディングに必要な項目です。

  • 質がいい(合っている)
  • 雰囲気・居心地がいい
  • 対応がいい
  • 期待感
  • 優越感
  • 喜んでもらえる
  • 共感できる
  • あこがれ

順番に紐解いていきます。

質がいい(合っている)

他にどんないい要素があろうと、これが出来ていない
と、ブランドにはなれません。

飲食店なら、そもそも美味しくないとダメ。
インテリアなら、家具の質が良くて、おしゃれじゃなきゃダメです。

また、質がいい=いい素材を使っている ではなく、
自分と趣味が合っている、欲しいものと合っているという捉え方が、重要だと思います。

これはシンプルでいて、お店を好きになってもらうために、もっとも重要な項目です。

雰囲気・居心地がいい

美味しいご飯が出てきても、食事の環境が悪いと
ダメです。せっかくの美味しいご飯が、マズくなります。

僕たちなら、京都、東京、Webの売り場の雰囲気や
デザインがとっても大事です。
お店ならかかっている音楽とかもそうですね。

その場にいて、落ち着いたり、ウキウキしたり、話が弾んだり。

Webなら、サイトのテイストや、使いやすさも、居心地の良さのひとつです。

これが大事です。

対応がいい

これも大事。

せっかくいい商品を置いていても、スタッフの対応が
悪かったり、偉そうだったり、期待に応えてくれなかったり。

対応が悪いと、すべて台無しです。

対応とは主に「人」が関わるものですから、やっぱり
人は大事なんですね。

「モノ→コト→ヒト」というニーズの移り変わりが
よく言われますが、ヒトはいつの時代も、お店を
好きになるのに、とっても重要な要素です。

Webならカスタマーサポートのクオリティとスピード。
居酒屋さんなら、スタッフの笑顔や空気感が気になります。

期待感

お店を好きになってもらうためには、期待感は大事です。

まだ自分の中には引き出しはないけれど、あそこの
お店に行けば、何か新しい発見があるんじゃないかという期待感です。

この期待感にお店が応えてくれると、僕の中で、
そのお店のブランドは、一気にあがります。

「次はどんな発見があるだろう」

こう期待して、お店に注目し、ときどき足を運ぶよう
になります。
そして、この期待に応え続けるうちに、お店はブランドとして捉えられる様になります。

アーリーアダプトな品揃えや、ヴィンテージや復刻系
の絶妙な品揃えがあると、個人的には期待感を感じます。

優越感

そのお店で買うと、一緒に優越感もついてくるという類のものです。

「良いものを手に入れた!」
「良いものを使っているんだ!」
「これを使ってるって、俺ってイケてる!」
という優越感。

これは、「良いものを買ったんだ。」という安心感
にもつながります。

ブランド化が進むにつれて、この優越感もあがって
いきますし、そこで働いているスタッフも同様に感じるでしょう。

喜んでもらえる

友人や家族、同僚などをそのお店に連れて行った時に
喜んでもらえるというのも、お店を好きになるポイントです。

そのお店に連れて行ってもらった人は、
「こんないいお店に連れてきてくれて、うれしい。」
「この人に、大事に扱われている。」
と思うでしょう。

そして、その感謝の気持ちが、自分にも伝わり、
連れて行った自分も嬉しくなる。

そして、自分と友人の両方が良い気持ちになり、
それを媒介したお店を、より好きになる。
こんな構造です。

インテリアショップなら、実店舗もそうでしょうし、
ECなら、ギフトのときに同じことが考えられます。
「高島屋の紙袋」的な事ですね。

共感できる

これはお店のコンセプトや、創業者の思いなどの
メンタリティな部分への共感です。

お店の裏側の部分を知り、そこに共感を覚えると、
思い入れが生まれます。
思い入れが生まれると、応援したくなります。

人と一緒ですね。

共感を得るためには、ある程度の情報を開示し、
コミュニケーションを取ることも大事でしょう。

あこがれ

お店は、お客様と同率ではなく、ちょっと先を行って
なければなりません。

「自宅で作れない、美味しい料理を作ってくれる。」
「インテリアに詳しい」
「憧れの部屋に住んでいる」

こんな風に、自分ではなかなかそうはできないけれど
このお店はやっている という憧れが、お店により魅力を感じさせます。

------------------------------------------------------

さて、以上で8つです。

この8つの項目をしっかりとクリアしていくと、
人はそのお店に「信頼感や安心感、好意的なイメージを連想」しだします。

これがすなわちブランドです。

大々的なプロモーションや、派手なイベントは
ブランドイメージに大きく寄与します。

大手企業が、有名人を使って、ばんばんとCMを
流すのも、ブランディングの一部です。

では、僕たちのような中小企業がブランディングが
できないかというとそうでもありません。

上記の8項目をしっかりとクリアしていくことで、
きちんとブランドとして認識されていきます。
「誠実な」「気持ちのいい」といった類の形容詞もつくかもしれません。

今回の気づきの中で、派手で、インパクトのある事
じゃなくても、ブランディングができるんだという自信と方向性が出来ました。

リセノで8項目をどういった方法で実施するかは、
いくつか構想を思いついているのですが、今はまだナイショ。

1年後には、8項目のレベルを上げて、ブランドとして
認知されるようにがんばっていきます。


<リセノ>の記事一覧

2019年 02月28日

20190301121024.jpg

こんにちは。やまもとです。 新生活直前の2月。新生活シーズンの3・4月に向けて、インテリア商戦はピークを迎えます。 それに向けて(というより...


2018年 11月30日

20181203125402.png

こんにちは。やまもとです。 Flavorの12期目が始まり、早2ヶ月が経ちました。前期の反省を活かしながら、今期も頑張って前に向かって進んで...


2018年 10月31日

20181101114621.png

こんにちは。やまもとです。 会社12年目がスタートした10月。この時期は、会社の通期目標を具体的に確定し、社内に共有する時期です。 今年も前...


2018年 09月30日

20181001151447.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第11期が終了します。ほんと1年は早いですね。今年の1年を振り返ります。 第11期に行...


2018年 01月31日

20180131131606.png

こんにちは。ヤマモトです。 今回は、2015年より少しずつリリースを重ねてきたオリジナル家具「Re:CENO product」の販売動向と今...


2017年 12月26日

20171226213142.png

今月は、ブランドの方向性について、考えていることを備忘録的に。 モノゴトの視点には、常に相反する視点があります。 たとえば、価格。 安いは「...


2017年 11月28日

20171128194307.JPG

こんにちは。やまもとです。 先日、11期の会社全体の目標共有会を、京都本社にて行いました。 目標共有会は、例年、年度初めに開催します。 これ...


2017年 10月29日

20171029200005.png

動画コンテンツの本格運用を視野に入れたYoutubeのチャンネルを開設しました。 インテリアは日本の住宅事情や、購入頻度の少なさから、なかな...


2016年 10月31日

20161031204518.jpg

こんにちは。ヤマモトです。 リセノのオリジナル家具の第2弾「WIRY」シリーズが、いよいよ明日よりオンラインで順次発売開始となります。 NO...


2016年 09月30日

20160930233628.png

こんにちは。やまもとです。 本日、9月30日で会社の第9期が終了します。今年の1年を振り返ります。 第9期に行った主なできごと 今年の1年...


2016年 07月15日

20160715200231.png

今週の水曜日に、3Dインテリアシミュレーターをリリースしました。 専用のソフトなしで、ブラウザだけでインテリアの3Dコーディネートが出来る...


2016年 03月21日

20150923164403.jpg

今日のブログは、僕たちのオリジナル家具のコンセプトについてです。 ---------------------------------- 僕た...


2016年 01月04日

20160105084107.jpg

あけましておめでとうございます。 本年も月1回のペースでブログを更新していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 さて、新年1回目の今回...


2015年 12月25日

20151225210818.png

こんにちは。ヤマモトです。 あっという間に年末ですね。2015年もあと数日で終わりです。 いろいろと動きのあった2015年のリセノですが、そ...


2015年 10月09日

20151009173505.gif

ここ数年にわたって、ブランディングについて、ずっと考えています。ここ数日は、もっともっと考えています。 お店をブランド化できれば、価格競争に...


2015年 08月24日

20150824180808.jpg

僕たちは、創業当初から一生懸命に「伝える」ということに注力し、大事にしてきました。 モノの魅力は、知ればもっと惹かれるし、知らないとまったく...


2015年 06月30日

20150630212020.jpg

こんにちは。やまもとです。2015年7月10日に東京・二子玉川にリセノのリアルショップ2店舗目となる東京店をオープンします。 東京にお店を...


2015年 04月30日

20150510.gif

こんにちは。やまもとです。 今回のテーマは、今後のECの方向性について、僕が考えていることを書いていこうと思います。 これまでのECは「買い...


2015年 01月09日

20150109.jpg

こんにちは。ヤマモトです。 先日、ようやく念願のWebマガジンをリリースできましたので、そのあたりのお話を備忘録の意味も兼ねて、書いておきま...


2014年 07月27日

20140727.jpg

Webサイトを約4年ぶりにリニューアルしました。 徐々に出来上がったところからのリニューアルのため、今のところはトップページを中心の変更です...


2014年 03月06日

20140306.jpg

今回は、備忘録的に、伊勢丹の催事出店を振り返ってみたいと思います。 【開催の概要】 ---------------------------...


2013年 09月30日

20130930.gif

表題の通り、本日で会社の第6期目が終了します。 最終決算の確定はまだ先ですが、お陰様で、前年売上比 170%程度でフィニッシュできそうな気...


2013年 08月28日

20130828.jpg

今日は、Web制作の現場のお話。 うちの会社では、Web制作は可能な限り社内で内製するようにしています。※内製 = 自社スタッフで制作するこ...


2013年 08月06日

20130806.jpg

2013年8月1日(木) 京都・四条烏丸にリセノの実店舗「Re:CENO Products&Stories」を無事オープンいたしました。 ...


2013年 07月01日

20130701.jpg

今回は、Re:CENOのリアルショップ業態:Re:CENO Products & Storiesのブランドコンセプトについて、書き...


2013年 06月20日

20130627.gif

最近ようやく、リセノの実店舗のサイト構成について、考えています。 リセノの実店舗=「Re:CENO Products&Stories」は、...


2013年 05月31日

20130531.jpg

Facebookや、各Webサイトでもすでにリリースしておりますが、リアルショップを今夏にオープンいたします。 Re:CENO Produc...


2013年 03月27日

soba.jpg

今日のテーマは、「ネットショップの進むべき道」についてです。 現在、Webにおいて、店舗やアイテムって溢れています。インテリアショップだけで...


2013年 03月21日

cart.jpg

本日のテーマは、「ネットショップをはじめたい人に伝えたい、2つの大事なこと」です。 私が立ち上げたリセノインテリアも、6年目を迎えさせていた...


2013年 02月27日

enjoy.gif

今日は、私が運営している「Re:CENOインテリア」(以下、リセノ)について、お話させていただきます。 昨日の投稿の様に、「ストーリーやこだ...